自転車にも運転免許を

都内に引っ越して,歩いていて,一番怖いのは自転車だ。
クルマよりも怖い。

今住んでいる住宅地は,幹線道路には歩道が付いているが,通勤時-特に帰宅時間-は歩行者で溢れている。歩道を自転車で走っている人は,どうして降りないのだろう。どうして車道を走らないのだろう。
自動車と違って自転車は,人混みの雑踏のなか,後ろからやってきてもほとんど音が聞こえない。急ブレーキの音が聞こえて振り返ってみると,おじさんに舌打ちしながらを睨みつけられたことがあった。

幹線道路を通り過ぎて住宅街に入っても,まだ油断できない。道が狭いので,コーナーを曲がるときには注意が必要だ。角のギリギリを歩いていると,何故かやはりギリギリのところを死角から自転車が走ってくる。一度ベビーカーと自転車が接触した場面に遭遇したことがあった。この時は事なきを得たが,一歩間違えたら,大事故になることもあるだろう。

自転車の運転マナーは,老若男女を問わないようだ。小中学生よりもスーツ姿のサラリーマンの方が危ないかもしれない。
こちらに来てから,移動手段として自転車は便利だと思ったのだが,結局買ってないのは,加害者になるかもしれないと思ったからだった。

自転車にも運転免許が必要だと思う。

歩道や住宅街では歩行者と同じ速度で走り,コーナーでは徐行し,際を曲がらないようにして,事故ったり大きな違反をしたら,免許を停止して,講習会に参加させるべきだと思う。
これから益々高齢化社会が進み,耳が遠かったり,視力が悪い人が増えていくだろうから。


◆(たぶん)ノビタキ  信州 踊場湿原にて

 興味深げにこちらを観察していました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


  α700 with 70-300mm F4.5-5.6 SSM G


◆車山から

画像


画像


画像


画像


画像


◆車山 山頂
画像


◆車山 気象レーダー観測所
画像


 α700 with Tamron DT 17-50mm F2.8

"自転車にも運転免許を" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント