ウスバシロチョウ2:羽化不全?

横沢入を再び訪問しました。
ウスバシロチョウがいっぱい飛んでます。
ワーイ! \(^^)/

そんな中,この子を見つけました。

画像


画像


画像


左側の羽だけ丸まっています。
鱗粉が濃い感じがするので,羽化したての個体でしょうか?

「羽化不全」という現象がときどき生じるそうです。
この子の左羽は,ピンと広がってくるのでしょうか?
しばらく観察していると,少し広がって来たような気がしたけど,見失ってしまいました。

放射能の影響は,人間よりも昆虫類に強く表れるそうです。
個体そのものの抵抗力が低いせいもあるでしょうし,元々ペットボトルの水なんか飲まずに,雨水や水溜まりや葉っぱの水滴を利用するでしょうし,たいてい放射線量が高い地表近くで生活するせいもあるでしょう。

撮ってきた写真を見ながら,もしやこの子が放射能の影響を受けているのでは?と思うと,恐ろしくなりました。
農学分野では,植物や昆虫類に対して放射線を利用した技術開発が盛んに行われています。専門家は自然界に与える放射線の影響について,知識を豊富に蓄えているでしょう。
現在の汚染レベルでどのような影響があるのか,是非とも発信してほしいと思います。
メディアはそれを伝える義務がありますが,手が回らないのか,興味がないのか・・・

人間は勝手なもので,ついこの間までエコだ環境だ多様性だと騒いでいたのに,野菜や魚が人間に食べられるかどうかしか,話題にしなくなりました。
せめて,放射能が自然環境や昆虫たちに悪い影響を与えるだろう,と提起します。

ボク達は取り返しのつかないことをしてしまいました。
いくら土下座して謝っても,許してはもらえないでしょう。

画像


画像


画像


画像



   α55 + 100mm Macro F2.8 & DSC-HX1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

J-ママ
2011年05月27日 07:51
おはようございます。
放射能の影響は人間よりも昆虫類に強く表れるのですか、、、
気になっていましたがやっぱり!
今後の動物、昆虫たちの生態系が心配です。
どのくらいの期間で現れるのでしょうか。
不完全羽化を初めて見たのはオオムラサキでした。
せっかく生まれたのに羽化に失敗した姿に涙しました。
akisy
2011年05月28日 01:22
J-ママさん。こんばんは。
不完全羽化かどうか,あるいは放射能の影響かどうか分かりませんが,何らかの傷害が起こっているんでしょうね。オオムラサキは可哀想でしたね。
チェルノブイリの事故で汚染された地域では,昆虫が少なかったり,変異が多発しているそうです。
大人さえ助かれば,子供はどうなってもいいのか。
人間だけが無事ならば,動物はどうなってもいいのか。
動物が無事ならば,昆虫はどうなってもいいのか。
植物はどうなのか。
結局人間は他の生物にまで考えが及ばない。そして環境を元に戻してくれるのは他の生物だのみ,なのですね。


この記事へのトラックバック