草津白根山の湯釜

嫗仙の滝の後,湯釜を見てきました。
活火山白根山の上にある火山湖です。有名な観光地ですね。僕は初めて見ました。


まずはいつもの,α700+Tamron DT17-50mm F2.8にて。
C-Rawで撮って,クリエイティブ・スタイルを色々変えてJPEGにしてみたんだけど,個人的な好みはCREARでした。

画像


画像


続いて,DHC-HC1にて撮影したものと比較してみましょう。
こちらはシーンセレクションで『風景モード』で撮影しています。

画像


画像



こういった写真(遠景で光量がたっぷり)では,コンデジが頑張っていると思います。
淡いコバルトブルーの色彩が実に印象的。水はpH1の強酸性だそうです。

画像


画像


途中の景色。ナナカマドの紅葉はもうお終いでした。

画像


画像


スイング・パノラマ写真。

画像



湯釜も記憶に残りますが,その途中に見える荒涼とした風景も印象的でした。月世界の様な,不思議なところ。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック