Dレンジオプチマイザー

α700の特徴的な写真をUPしてみました。
まだ使い方を理解していないので,参考程度に。

◆神代植物公園にて
DR-Hiにてブラケット撮影しています。α700を触ったことがない人だとよく分かんないかもしれませんけど,一回のシャッターでDレンジオプチマイザーのレベルを3段階変えて,3枚Jpeg画像が保存されます。3枚の補正幅が大きいのがHiです。
 
 ■α700 with Sony Dt16-105mm F3.5-5.6
  40mm, F9.0, 1/100秒, マルチパターン測光, 絞り優先モード(-1.3EV), ISO200, WBオート

  ※Lev1
画像


  ※Lev2
画像


  ※Lev3
画像


例によって,どの写真が良いかは好みだと思いますが,木の幹の部分が描写されるのが分かると思います。


 オマケの写真です。

  ※α700 with Sony 100mm F2.8 Macoro
    100mm, F9.0, 1/125秒, スポット測光, 絞り優先モード(-0.3EV), ISO800, WBオート

画像


  ※α700 with DT16-105mm F3.5-5.6
    26mm, F14, 1/1000秒, マルチパターン測光, 絞り優先モード(-0.3EV), ISO800, WBオート  


画像



   ※α700 with DT16-105mm F3.5-5.6
    40mm, F14, 1/1000秒, マルチパターン測光, 絞り優先モード(-0.3EV), ISO800, WBオート
  

画像


 全てAF,手持ち撮影です。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック