DT16-105mmのマクロ性能

α700の標準ズームレンズ,DT16-105mmにて,マクロ撮影してみました。モデルはキタテハさんです。
撮影は全てAFです。
そこそこの性能はあるようです。

また同時にダイナミック・レンジ・オプチマイザー(DRO)を試験しました。ブラケット撮影Hi(強めに3段)にて撮影。
こちらはこのシーンだと好きずきあるでしょうね。翔の濃淡に効果が明確に現れているので,確認出来ると思います。

ちなみに広角系のフレアは大きめでした。高倍率ズームだからして,仕方ないかな~

☆α700 with DT16-105mm F3.5-5.6
 ◆105mm, F10, 1/320秒, 絞り優先モード, 中央部重点測光, ISO200, WBオート

  ※ブラケット1
画像


  ※ブラケット2
画像


  ※ブラケット3
画像


 ◆105mm, F10, 1/125秒, 絞り優先モード, 中央部重点測光, ISO800, WBオート
  ※ブラケット1

画像


  ※ブラケット2

画像


  ※ブラケット3

画像


 ■おまけの蜂さんです
  ◆105mm, F10, 1/250秒, 絞り優先モード, 中央部重点測光, ISO200, WBオート

画像


 前回の写真を含めて,全て手持ち撮影,手ぶれ補正オンで撮っています。

 次回はいよいよマクロレンズの写真をUPしますね \(^^)√

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック