写真のセンス

だいぶ以前に写真は撮っていたのだが,マスターする前にやめてしまってずっとほぼお休みし,昨年頃から風景写真をまた撮るようになった。
復活してからはフィルムカメラのMinolta α-707siを,今年初めからはデジタルのα-100を使っているのはご存じの通り。
元々物理学はからきしダメな方だし,理論や技術を勉強するのも今さら面倒だし,テキトーに撮っている。
最近のカメラはオートでもなかなかよく写るし,それなりに撮れてると思うのだが,もうちょっと表現力を身につけたいと思っている。
絵や写真というのは面白いもので,最初に書いた一枚や始めて撮った一枚から,凄いのが出来ちゃう天才肌の人もいらっしゃる。また,絵はがきみたいな風景写真が撮りたいとか,尊敬する誰それ先生みたいなものを撮りたい,という方もいらっしゃると思うが,僕の場合にはそういうのはあまりないみたいだ。写真教室や会に通って勉強する人も多いけど,集団行動は苦手なので,全て独学で通したい。
とういうことなので,少しセンスを磨きたいと思っている。しかしそちらの才能はまったくないかもしれないし,既に手遅れかもしれない(笑)

☆写真:全て水元公園にて

画像


カモ君の写真。左右だけ少しトリミングしている。同じ様な構図で3枚ほど撮ってみた。他の二枚は手前にボケて写っている草を避けて撮影した。カモ君だけなら,他の2枚の方がシャープに写っているが,手前の草があった方がその場の雰囲気が出てるのではないかと,こちらを選択した。それが正解かどうかは分かりません。

画像


公園の広場から見た夕焼け。中央の丘の上から撮っている。PCで確認したところ,手前の草原の部分が面白い感じだったので,レタッチして全体を明るくし,モノクロ的だが手前の草が判別出来る様にしてみた。
おそらく通常ならうっすらと染まった夕焼けの色が良く出るようにすると思う。どちらが好きかは見た人次第だ。

画像


ステンドグラスみたいな陰影が面白かったので,望遠レンズを引っ張り出してきて,そこだけ撮影してみた。ノーレタッチ。

画像


帰り際,かなり暗くなってきた時刻。人工の小川の上を無数のコウモリが飛び交っていた。ゴミの様に写っているのは,全部コウモリ君だ。
コウモリ君だけを望遠レンズで捉えてみたが,暗すぎてうまく写せない。
妥協の産物であるが,その場の雰囲気を伝えたくて,セレクトしてみた。
写真としてはノイズが多いし,何だか分からない失敗作かもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

松虫
2007年09月19日 01:06
真ん中に大きく写ってるのがちょうど翼を広げたところで、ばっちりじゃないですか。次はぜひ望遠で流し撮りを(しつこい)。
akisy
2007年09月19日 20:45
撮影(失敗例)をUPしてもいいのかな?(笑)

この記事へのトラックバック